生命保険の比較・見直しに役立つ保険用語
HOME  

サイトマップ

生命保険の比較・見直しに役立つ保険用語 1
生命保険の隣接業界
簡易保険の年金保険
各種共済制度
労働者共済
県民共済
損害保険業界
銀行業界
信託銀行業界
証券業界
金利の種類と金融商品
生命保険の比較・見直しに役立つ保険用語 2
社会保障制度や企業保障制度
社会保険制度
老人保健制度
年金保険
労働保険と介護保険
総合福祉団体定期保険
経営者保険
企業年金制度
財産制度
生命保険の比較・見直しに役立つ保険用語 3
生命保険の種類と仕組み
保険料の仕組み
剰余金と配当金
生命保険の約款
生命保険の契約
保険金支払いを免除(免責)
保険料の払い込み
契約者に対する貸付、解約
配当金の支払方法
保障の見直しに関する制度
生命保険の比較・見直しに役立つ保険用語 4
契約の選択
生命保険の税金
保険金と年金と給付金
生命保険と相続
相続税
おすすめの生命保険代理店!(各都道府県別に紹介)
東京都の生命保険代理店
大阪府の生命保険代理店
神奈川県の生命保険代理店
愛知県の生命保険代理店
埼玉県の生命保険代理店
千葉県の生命保険代理店
北海道の生命保険代理店
兵庫県の生命保険代理店
福岡県の生命保険代理店
静岡県の生命保険代理店
おすすめリンク
火災保険 見積もり
労災保険
火災保険
自転車保険

当サイトについて
運営者情報
相互リンク募集中
相互リンク集

生命保険の比較・見直しに役立つ保険用語を勉強しよう!
女性におすすめの生命保険や医療保険ランキングも公開中!


現在の生命保険の現状とは?

ネクスティア生命保険はこちら
オリックス生命資料請求はこちら
三井住友海上あいおい生命資料請求はこちら


日本の生命保険事業は、第二次世界大戦で大きな打撃を受けましたが、その後の経済の成長と生命保険業界の努力により大きな成長をとげて、日本では世界屈指の生命保険普及国となっています。

全世界の2%に満たない日本の人口ですが、生命保険普及率は世界の30%ぐらいを占めています。

しかし、人口構成の急速な高齢化や金融の自由化やグローバル化、国民の生活水準の向上、高度情報社会の到来など、生命保険業界を取り巻く環境は、大きく変化しています。

このような環境変化の中で、生命保険は万一のときの生活保障から生涯を通じた生活の安全や安定のための保障へと拡大しており、生命保険の役割は今後、非常に大きくなるものと思われます。

それでは、生命保険の発展と現状について見ていきましょう!

日本に、保険制度が福沢諭吉氏によって紹介されたのは、慶応3年(西暦1867年)のことですが、生命保険会社が誕生したのは明治14年(西暦1881年)になります。

その後、順調な発展をみたのですが、第二次世界大戦の敗戦と経済上の打撃のより生命保険事業は非常な苦境に立ち、事実上崩壊の危機に陥りました。

しかし、その後の日本経済の復興、生命保険に対する国民の認識の向上などにより、生命保険会社は飛躍的な発展を遂げてきました。

特に昭和30年以降の発展は著しく、毎年の新契約高は10〜30%の伸びを示し、50年代以降も安定した成長を続け、保有契約高も着実に伸び、国民所得に対する比率では、昭和50年度に2倍を超え、平成10年度の約5倍をピークに、減少傾向にありますが、昭和48年度に世界第1位となって以来、高い水準を維持しています。

この生命保険会社の発展要因としては、お客さまの生活や市場の変化によって生命保険に対する認識が向上したことはもちろんですが、社会の要望に応えた生命保険業界の努力も見逃すことはできません。

生命保険業界の取り組みは、消費者の意向を吸収しつつ現在も続けられていますが、お客さまに接している保険営業マンの役割も大きいことを認識することが大切です。

また、平成10年12月には生命保険業に対する信頼性を維持することを目的として、生命保険会社が破綻したとき、契約者を保護するために生命保険契約者保護機構が設立されました。

次に生命保険の契約数ですが、各生命保険会社の営業マンの頑張りから、新契約は、個人保険の件数で昭和46年度以降毎年1000万件以上の新規加入が続いており、団体保険を含めるとさらに多くの件数になります。

平成15年度の新契約保険金は、個人保険・個人年金保険・団体保険合計で109兆円を超えましたが、これは1日に約3,000億円の加入があったことになり、経済準備に生命保険が欠かせないものになっていることがわかります。

生命保険の保有契約は、平成15年度末で約1609兆円になっていますので、総資産は、平成15年度末で約184兆円となり、この資産はさまざまな形で運用され、日本経済の発展に大きな役割を果たしています。

当サイトでは、「生命保険の比較や見直しに役立つ保険用語を勉強しよう!」をテーマに今、注目されている生命保険や医療保険ランキングも公開しておりますので、どうぞゆっくりとご覧下さい!

ページトップ