証券業界の債権、株式、投資信託とは?生命保険用語
HOME  

サイトマップ

まだ、生命保険に加入してはいけません!
生命保険の比較・見直しに役立つ保険用語 1
生命保険の隣接業界
簡易保険の年金保険
各種共済制度
労働者共済
県民共済
損害保険業界
銀行業界
信託銀行業界
証券業界
金利の種類と金融商品
生命保険の比較・見直しに役立つ保険用語 2
社会保障制度や企業保障制度
社会保険制度
老人保健制度
年金保険
労働保険と介護保険
総合福祉団体定期保険
経営者保険
企業年金制度
財産制度
生命保険の比較・見直しに役立つ保険用語 3
生命保険の種類と仕組み
保険料の仕組み
剰余金と配当金
生命保険の約款
生命保険の契約
保険金支払いを免除(免責)
保険料の払い込み
契約者に対する貸付、解約
配当金の支払方法
保障の見直しに関する制度
生命保険の比較・見直しに役立つ保険用語 4
契約の選択
生命保険の税金
保険金と年金と給付金
生命保険と相続
相続税
おすすめの生命保険代理店!(各都道府県別に紹介)
東京都の生命保険代理店
大阪府の生命保険代理店
神奈川県の生命保険代理店
愛知県の生命保険代理店
埼玉県の生命保険代理店
千葉県の生命保険代理店
北海道の生命保険代理店
兵庫県の生命保険代理店
福岡県の生命保険代理店
静岡県の生命保険代理店
おすすめリンク
火災保険 見積もり
労災保険

当サイトについて
運営者情報
相互リンク募集中
相互リンク集


生命保険の比較・見直しに役立つ保険用語を勉強しよう!
女性におすすめの生命保険や医療保険ランキングも公開中!

証券業界とその主な商品について


ネクスティア生命保険はこちら
オリックス生命資料請求はこちら
三井住友海上あいおい生命資料請求はこちら


証券会社の主な業務は、株式などの証券の需要と供給を仲介することでした。

しかし、経済の安定成長に伴う国債の大量発行や国民の金利選好意識の高まりを背景に、中期国債ファンドといった預金に類似した商品の取り扱いや公共債を担保とした貸付業務に参入しました。

この結果、証券業と銀行業との一部業務の相互乗入れも行われるようになり、競合が激化してきています。反面、銀行をはじめとして生命保険や損害保険など異業種との提携も活発に行われています。

では、ここで証券業界が取り扱う代表的な商品を見てみましょう。

1 債券(公社債など)

債券は、国、地方公共団体、特殊な金融機関、事業会社などが資金を一般投資家から集めるために発行する有価証券です。

特徴は下記の通りになります。

元本および利子が保証されている
一定の期日に元本が返済される
いつでも換金できる

つまり、確実性、安全性、流動性の3つを兼ね備えています。
但し、途中で売却する場合は元本割れする危険性もあります。

債券には、買入れるときに利子を前取りする「割引債」と、一定の利子を一定の期日に支払う「利付債」があります。

また、債券は発行主体(国や地方公共団体、金融機関、事業会社など)や発行形式、担保の有無などによっても分類することができます。

個人向けに債券で身近なものには「個人向け国債」があります。
個人向け国債の特徴は、半年ごとに利率が見直される点です。
個人向け国債は証券会社、銀行、郵便局などで購入することができます。

2 株式

株式投資による利殖としては、株主としての権利にもとづく「利益配当」と株価の値上がりにもとづく「売却益」の2つがあります。

利益配当だけの比較であれば、債券や貸付信託、定期預金の方がむしろ利回りがよくなることもあります。

株式の売買に重点を置き、値上がりによる差額を得ることも可能です。

しかし、株価については、相場の変動による値下がりの危険もあり、計画的な資金づくりの手段としては必ずしも適切とはいえません。

このように、株式投資は、リスクがありますので、あくまでも余裕のある資金で行うべきであるといわれています。

また、現在では毎月一定額を投資し株式を購入する「株式累積投資(るいとう)」や一般の株式の売買単位株数の10分の1の整数倍で売買できるので、銘柄によっては数万円程度の少額で購入できる「株式ミニ投資(ミニ株)」は、個人投資家にとって、身近な株式投資の方法として人気を集めています。

株式累積投資とは?

主な投資先 株式(銘柄選定は自由)

購入単位 1万円以上

期間 自由

特徴

毎月一定額を投資し、株式を買い増していきます。
投資銘柄の選択から売却時期までは顧客の判断に任されます。

株式ミニ投資(ミニ株)とは?

主な投資先 株式(銘柄選定は自由)

購入単位 普通の株式の売買単位株数の10分の1の整数倍。

期間 自由

特徴

ミニ株の売買の仕方は、一般の株式投資と同様ですが、値段を指定して注文する「指し値注文」はできません。

配当金は、持株数に応じて受けることは可能ですが、一般の株式投資のように株主総会に参加する議決権はありません。

3 投資信託

投資信託は、多くの投資家から資金を集めて、専門の機関が投資家に代わって株式などの証券に投資して、その利益を投資家に分配する仕組みです。

その結果、「小口購入」「分散投資」「専門家運用」の3つの特徴により個人投資家の有価証券投資を容易にしています。

投資信託は公社債投資信託と株式投資信託の2つに分かれます。

公社債投資信託

公社債投資信託とは、公社債のみを投資対象とするもので、比較的安定した収益を上げることができ、元本割れの危険性は一般的に少ないのが特徴です。

「MMF(マネー・マネージメント・ファンド)」や「MRF(マネー・リザーブ・ファンド)」もこの公社債投資信託の一種になります。

MMF(マネー・マネージメント・ファンド)とは?

主な投資先は公社債になります。

購入単位は1円以上1円単位

期間は自由

特徴

金融情勢に応じて日々変動する実績分配型商品です。

利息計算は毎日の決算によって発生する収益金を1カ月ごと合算して自動的に再投資する1カ月ごとの複利計算となっています。

MRF(マネー・リザーブ・ファンド)とは?

主な投資先は短期金融商品や期間の短い債券になります。

購入単位は1円以上1円単位

期間は自由

特徴

金融情勢に応じて日々変動する実績分配型商品です。

証券総合口座用ファンドで給与振込、年金入金、支払い代金決済をMRFをベースにした口座を通してできます。

利息計算は毎日の決算によって発生する収益金を1カ月ごと合算して自動的に再投資する1カ月ごとの複利計算となっています。

株式投資信託

株式投資信託とは、株式を組み入れて運用するもので、運用次第で高収益が期待できます。

通常は一定枠の公社債などを組み入れることにより運用リスクを分散する方法がとられていますが反対に元本割れの危険性もあります。

ページトップ