社会保障制度や企業保障制度について!生命保険用語
HOME  

サイトマップ

まだ、生命保険に加入してはいけません!
生命保険の比較・見直しに役立つ保険用語 1
生命保険の隣接業界
簡易保険の年金保険
各種共済制度
労働者共済
県民共済
損害保険業界
銀行業界
信託銀行業界
証券業界
金利の種類と金融商品
生命保険の比較・見直しに役立つ保険用語 2
社会保障制度や企業保障制度
社会保険制度
老人保健制度
年金保険
労働保険と介護保険
総合福祉団体定期保険
経営者保険
企業年金制度
財産制度
生命保険の比較・見直しに役立つ保険用語 3
生命保険の種類と仕組み
保険料の仕組み
剰余金と配当金
生命保険の約款
生命保険の契約
保険金支払いを免除(免責)
保険料の払い込み
契約者に対する貸付、解約
配当金の支払方法
保障の見直しに関する制度
生命保険の比較・見直しに役立つ保険用語 4
契約の選択
生命保険の税金
保険金と年金と給付金
生命保険と相続
相続税
おすすめの生命保険代理店!(各都道府県別に紹介)
東京都の生命保険代理店
大阪府の生命保険代理店
神奈川県の生命保険代理店
愛知県の生命保険代理店
埼玉県の生命保険代理店
千葉県の生命保険代理店
北海道の生命保険代理店
兵庫県の生命保険代理店
福岡県の生命保険代理店
静岡県の生命保険代理店
おすすめリンク
火災保険 見積もり
労災保険
火災保険
自転車保険

当サイトについて
運営者情報
相互リンク募集中
相互リンク集


生命保険の比較・見直しに役立つ保険用語を勉強しよう!
女性におすすめの生命保険や医療保険ランキングも公開中!

社会保障制度や企業保障制度について


ネクスティア生命保険はこちら
オリックス生命資料請求はこちら
三井住友海上あいおい生命資料請求はこちら


生命保険の営業マンや生命保険レディー、ファイナンシャルプランナーなどのライフコンサルタントとして、販売を行っていく際、不可欠な要素となるものには以下のようなものがあります。

個人で準備する保障(個人保障)
勤務先での保障(企業保障)
国による保障(社会保障)

社会保障制度は、経済準備手段として重要な位置を占めていますが、その給付水準は個々の経済的ニーズを満たしているとはいえません。

このため、社会保障制度とのかかわりあいのもとに自助努力による経済準備をする必要があります。

企業が優秀な人材を確保するためには、魅力的な労働条件を整えることが必要です。
このような労働条件の重要な要素となるのが、企業の福利厚生制度であります。

現在、企業では福利厚生制度の充実を真剣に考える必要に迫られています。
ここでは、社会保障制度と企業の福利厚生制度の中心となる企業保障制度に対する知識をしっかりと学びましょう。

社会保障制度について

日本での社会保障制度は、病気、老齢、死亡、けが、失業、貧困などの場合に、国や地方公共団体などが一定水準の保障を行うものですが、大別すると社会保険制度、公的扶助制度、社会扶助制度、社会福祉制度などがあります。

しかし、わが国の社会保障制度は、国民が生活していくうえで必ずしも十分な経済的ニーズを満たしているとはいえず、自己責任主義の考えに立った生活設計を立てる必要があります。

1 社会保険制度

私たちは、健康で働くことによって収入を確保し、日常の生活を営んでいます。
しかし、いつ、どこで、どのように、病気やけがをするかわかりませんし、不幸にも働きざかりで死亡するかもしれません。
また、会社倒産などの事情で失業することも考えられます。
さらに、平均寿命の延びにともない、老後に対する不安が増大しています。
社会保険制度は、このような場合に備えて各種の給付を行い、生活困窮を防ぎ、一定水準の生活を保障する制度です。
この制度は社会保障制度の中核で、私たちの販売活動とも特に深い関連があります。

2 公的扶助制度(生活保護制度)

公的扶助制度は、生活保護法にもとづき生活に困窮する人々を対象に、最低限度の生活を保障するとともに、困窮者の自立を手助けする制度です。
保護の種類は、生活扶助、教育扶助など7つの扶助制度があります。

3 社会扶助制度(児童手当制度)

社会扶助制度は、児童手当法などに基づき、児童を養育している者に児童手当を支給することにより、次代を担う児童の健全な育成および資質の向上に役立たせることを目的としています。

4 社会福祉制度

社会福祉制度は老齢者、身体障害者、知的障害者、児童および母子世帯の福祉を図ることを目的とした制度になります。

ページトップ