財形制度について!生命保険用語
HOME  

サイトマップ

まだ、生命保険に加入してはいけません!
生命保険の比較・見直しに役立つ保険用語 1
生命保険の隣接業界
簡易保険の年金保険
各種共済制度
労働者共済
県民共済
損害保険業界
銀行業界
信託銀行業界
証券業界
金利の種類と金融商品
生命保険の比較・見直しに役立つ保険用語 2
社会保障制度や企業保障制度
社会保険制度
老人保健制度
年金保険
労働保険と介護保険
総合福祉団体定期保険
経営者保険
企業年金制度
財産制度
生命保険の比較・見直しに役立つ保険用語 3
生命保険の種類と仕組み
保険料の仕組み
剰余金と配当金
生命保険の約款
生命保険の契約
保険金支払いを免除(免責)
保険料の払い込み
契約者に対する貸付、解約
配当金の支払方法
保障の見直しに関する制度
生命保険の比較・見直しに役立つ保険用語 4
契約の選択
生命保険の税金
保険金と年金と給付金
生命保険と相続
相続税
おすすめの生命保険代理店!(各都道府県別に紹介)
東京都の生命保険代理店
大阪府の生命保険代理店
神奈川県の生命保険代理店
愛知県の生命保険代理店
埼玉県の生命保険代理店
千葉県の生命保険代理店
北海道の生命保険代理店
兵庫県の生命保険代理店
福岡県の生命保険代理店
静岡県の生命保険代理店
おすすめリンク
火災保険 見積もり
労災保険
火災保険
自転車保険

当サイトについて
運営者情報
相互リンク募集中
相互リンク集


生命保険の比較・見直しに役立つ保険用語を勉強しよう!
女性におすすめの生命保険や医療保険ランキングも公開中!

財形制度について


ネクスティア生命保険はこちら
オリックス生命資料請求はこちら
三井住友海上あいおい生命資料請求はこちら


企業の行う財産形成制度には、持家制度や社内預金制度、勤労者財産形成促進法に基づく財形貯蓄制度や財形給付金(基金)制度があります。

勤労者財産形成促進法とは、従業員や事業主、国が一体となって、従業員の財産づくりを促進するための制度になります。

これを目的とした保険には、財形貯蓄積立保険、財形住宅貯蓄積立保険、財形年金積立保険、財形給付金保険、財形基金保険があります。

加入すると下記のような優遇措置が受けられます。

1 財形住宅貯蓄積立保険は、払込保険料累計額550万円までの利子相当分が非課税となるのが特徴です。(但し、財形年金積立保険と合算)。

2 財形年金積立保険は、払込保険料累計額385万円までの利子相当分が非課税となるのが特徴です。

3 持家の建設や分譲、住宅の購入のための貸付制度が利用できます(ある一定の要件を満たせば、住宅金融公庫などから融資が受けられます)。

4 進学などの教育融資制度が利用できます。財形貯蓄積立保険、財形住宅貯蓄積立保険および財形年金積立保険の保険料は従業員が負担し、財形給付金保険、財形基金保険の保険料は企業が負担しますので大きなメリットがあります。

財形制度にもとづく商品は、他の金融機関も取り扱っていますが、生命保険会社の商品とは内容が異なっています。

[重要]

1 財形年金保険については、現在販売停止になっています。
2 財形住宅貯蓄積立保険および財形年金積立保険以外の財形貯蓄の利子等については、20%の税率で一律源泉分離課税が適用されます。

財形制度に基づく保険は、多くの個人保険とは異なりますので、積立期間中や据置期間中は、予定利率が変動する場合がありますので注意が必要です。

元本割れが生じる場合もありますのでしっかりと検討しましょう。

ペ−ジトップ