剰余金と配当金について!生命保険用語
HOME  

サイトマップ

まだ、生命保険に加入してはいけません!
生命保険の比較・見直しに役立つ保険用語 1
生命保険の隣接業界
簡易保険の年金保険
各種共済制度
労働者共済
県民共済
損害保険業界
銀行業界
信託銀行業界
証券業界
金利の種類と金融商品
生命保険の比較・見直しに役立つ保険用語 2
社会保障制度や企業保障制度
社会保険制度
老人保健制度
年金保険
労働保険と介護保険
総合福祉団体定期保険
経営者保険
企業年金制度
財産制度
生命保険の比較・見直しに役立つ保険用語 3
生命保険の種類と仕組み
保険料の仕組み
剰余金と配当金
生命保険の約款
生命保険の契約
保険金支払いを免除(免責)
保険料の払い込み
契約者に対する貸付、解約
配当金の支払方法
保障の見直しに関する制度
生命保険の比較・見直しに役立つ保険用語 4
契約の選択
生命保険の税金
保険金と年金と給付金
生命保険と相続
相続税
おすすめの生命保険代理店!(各都道府県別に紹介)
東京都の生命保険代理店
大阪府の生命保険代理店
神奈川県の生命保険代理店
愛知県の生命保険代理店
埼玉県の生命保険代理店
千葉県の生命保険代理店
北海道の生命保険代理店
兵庫県の生命保険代理店
福岡県の生命保険代理店
静岡県の生命保険代理店
おすすめリンク
火災保険 見積もり
労災保険
火災保険
自転車保険

当サイトについて
運営者情報
相互リンク募集中
相互リンク集


生命保険の比較・見直しに役立つ保険用語を勉強しよう!
女性におすすめの生命保険や医療保険ランキングも公開中!

剰余金と配当金について


ネクスティア生命保険はこちら
オリックス生命資料請求はこちら
三井住友海上あいおい生命資料請求はこちら


保険料は、予定死亡率、予定利率、予定事業費率の3つの数字にもとづき計算されています。

さらに生命保険会社は、健康でない人が加入して、全体の死亡率を悪くすることがないように、また預かった保険料は、より安全、確実に運用するように制度運営の経費は、少しでも切りつめるように経営努力を行っているので、毎事業年度末の決算では、だいたいの場合、余りが生じます。

この余った部分を剰余金といい、次の3利源からなっています。

死差益

予定死亡率による死亡者数より、実際の死亡者数が少ない場合に生じる利益

利差益

予定利率による運用収入見込額より、実際の運用収入が多い場合に生じる利益

費差益

予定事業費率による事業費より、実際に使った事業費が少なくすんだ場合に生じる利益

定款や約款では、相互会社の場合、剰余金の一定割合を社員配当準備金に繰り入れ、これを財源として契約者に対し配当金を支払うことを定めています。

このように、剰余金を配当金として還元する保険を有配当保険といいますが、剰余金の中でも利差益のみを配当金として還元する保険を利差配当付保険といいます。

これに対し、3つの基礎率すべてについて無配当用の基礎率を設定し、保険科を安くする代わりに、剰余金分配を行わない保険を無配当保険といいます。

この社員(契約者)配当金は、予定の率にもとづいて預かった保険料を実際にかかった保険料と精算して実質負担を軽減するという役割をもつものです。

個々の契約に還元する配当金の額は、保険種類、性別、契約年齢、払込方法(回数)、経過年数、保険期間、保険金額などによってそれぞれ違いがありますが、お互いに公平になるように計算されています。

これらの通常配当のほかに、長期継続契約について特別配当を支払うことがあります。

ペ−ジトップ