保険金や給付金を支払わない場合!生命保険用語
HOME  

サイトマップ

まだ、生命保険に加入してはいけません!
生命保険の比較・見直しに役立つ保険用語 1
生命保険の隣接業界
簡易保険の年金保険
各種共済制度
労働者共済
県民共済
損害保険業界
銀行業界
信託銀行業界
証券業界
金利の種類と金融商品
生命保険の比較・見直しに役立つ保険用語 2
社会保障制度や企業保障制度
社会保険制度
老人保健制度
年金保険
労働保険と介護保険
総合福祉団体定期保険
経営者保険
企業年金制度
財産制度
生命保険の比較・見直しに役立つ保険用語 3
生命保険の種類と仕組み
保険料の仕組み
剰余金と配当金
生命保険の約款
生命保険の契約
保険金支払いを免除(免責)
保険料の払い込み
契約者に対する貸付、解約
配当金の支払方法
保障の見直しに関する制度
生命保険の比較・見直しに役立つ保険用語 4
契約の選択
生命保険の税金
保険金と年金と給付金
生命保険と相続
相続税
おすすめの生命保険代理店!(各都道府県別に紹介)
東京都の生命保険代理店
大阪府の生命保険代理店
神奈川県の生命保険代理店
愛知県の生命保険代理店
埼玉県の生命保険代理店
千葉県の生命保険代理店
北海道の生命保険代理店
兵庫県の生命保険代理店
福岡県の生命保険代理店
静岡県の生命保険代理店
おすすめリンク
火災保険 見積もり
労災保険
火災保険
自転車保険

当サイトについて
運営者情報
相互リンク募集中
相互リンク集


生命保険の比較・見直しに役立つ保険用語を勉強しよう!
女性におすすめの生命保険や医療保険ランキングも公開中!

保険金や給付金を支払わない場合(免責)について


ネクスティア生命保険はこちら
オリックス生命資料請求はこちら
三井住友海上あいおい生命資料請求はこちら


生命保険会社は、約款に定めた保険事故が発生した場合においては、所定の死亡保険金を支払う義務を負います。

しかし、保険制度の健全な運営をさまたげたり、善良な契約者の利益を害したりすることもありますので、商法では保険金を支払わなくてもよい場合もあります。

このように会社の保険金支払い義務を免除しています。(これを免責といいます。)
約款はこれを受けて、死亡保険金を支払わない場合を下記のように定めています。

1 被保険者が契約日または復活日から所定期間以内に自殺したとき

これは自殺を決意している人が、保険金目当てに加入することを防ぐためです。
しかし、自殺の意思を持ったまま長期間保険契約を継続することはまれなので、契約または復活後所定期間以内としています。

2 被保険者が犯罪行為または死刑の執行によって死亡したとき

このような場合は一般の公益に反しますので、保険金は支払いません。
また犯罪に伴う危険の保障のために悪用されることを防止するためでもあります。

3 死亡保険金受取人が故意に被保険者を死亡させたとき

これは、社会秩序や道徳的な面からみて許されないからです。
ただし、受取人が複数の場合で、被保険者の殺害に全く無関係な受取人に対しては、その人の受け取るべき割合の保険金は支払られます。

4 契約者が故意に被保険者を死亡させたとき

これは、契約者と会社との信義に反するばかりでなく、社会秩序や道徳的な面からみても許されないからです。

5 被保険者が戦争その他の変乱によって死亡したとき

戦争や変乱が起きる割合やそれによって生じる危険の程度は全く予想できませんが、このような場合にもすべて保険金を支払うとしたら、生命保険制度の運営を危うくすることになるためです。
ただし、生命保険の計算基礎に及ぼす影響が少ないと会社が認めた場合には、保険金を全額または削減して支払うことがあります。

ペ−ジトップ