傷害保険と積立型保険とは?生命保険用語
HOME  

サイトマップ

まだ、生命保険に加入してはいけません!
生命保険の比較・見直しに役立つ保険用語 1
生命保険の隣接業界
簡易保険の年金保険
各種共済制度
労働者共済
県民共済
損害保険業界
銀行業界
信託銀行業界
証券業界
金利の種類と金融商品
生命保険の比較・見直しに役立つ保険用語 2
社会保障制度や企業保障制度
社会保険制度
老人保健制度
年金保険
労働保険と介護保険
総合福祉団体定期保険
経営者保険
企業年金制度
財産制度
生命保険の比較・見直しに役立つ保険用語 3
生命保険の種類と仕組み
保険料の仕組み
剰余金と配当金
生命保険の約款
生命保険の契約
保険金支払いを免除(免責)
保険料の払い込み
契約者に対する貸付、解約
配当金の支払方法
保障の見直しに関する制度
生命保険の比較・見直しに役立つ保険用語 4
契約の選択
生命保険の税金
保険金と年金と給付金
生命保険と相続
相続税
おすすめの生命保険代理店!(各都道府県別に紹介)
東京都の生命保険代理店
大阪府の生命保険代理店
神奈川県の生命保険代理店
愛知県の生命保険代理店
埼玉県の生命保険代理店
千葉県の生命保険代理店
北海道の生命保険代理店
兵庫県の生命保険代理店
福岡県の生命保険代理店
静岡県の生命保険代理店
おすすめリンク
火災保険 見積もり
労災保険
火災保険
自転車保険

当サイトについて
運営者情報
相互リンク募集中
相互リンク集


生命保険の比較・見直しに役立つ保険用語を勉強しよう!
女性におすすめの生命保険や医療保険ランキングも公開中!

損害保険業界とその主な商品について


ネクスティア生命保険はこちら
オリックス生命資料請求はこちら
三井住友海上あいおい生命資料請求はこちら


生活設計を考える場合、突然起こる災害や損失に対する準備が必要です。
そのために、火災保険や自動車保険などの損害保険が用意されています。

このように、損害保険は、主として「物」に関する保険ですが、所得補償保険や傷害保険、介護費用保険のように人に関する補償を行うものもあります。

なお、損害保険は通常、事故による現実の損害額だけが、契約金額の範囲内で支払われるのが特徴です。これを実損てん補といいます。

ニーズの多様化に対応した生命保険、損害保険業界の開発にともない、生命保険、損害保険の垣根が低くなり、また保険業法の改正をうけて、平成8年10月から生命保険、損害保険の両業界とも相互乗り入れが可能となりました。

近年は、生命保険、損害保険の業態を越えた提携等により、商品やサービスを拡充する動きが見られます。

1 傷害保険

傷害保険では、傷害事故(ケガ)で被保険者に死亡・後遺障害が生じた時、あるいは生活機能、業務機能に支障をきたし医師の治療を受けた場合に保険金が支払われます。

傷害保険の主なものには、普通傷害保険や所得補償保険などがあります。

これらは、前述のとおり、人に関する補償を行うもので、生命保険の「傷害特約」「災害入院特約」などに類似した給付内容となっています。

しかし、災害(死亡)保険金の支払事由や、障害給付(保険)金の支払割合、入院給付(保険)金の免責期間など異なっている点もあります。

2 積立型保険

多様化する消費者のニーズに応え、保険本来の補償機能が長期にわたることに加え、満期時には満期返戻金、契約者配当金が支払われるという貯蓄性を兼ね備えた商品として開発されたのが「積立型保険」です。

主なものには積立普通傷害保険などがあります。また、高齢社会における年金ニーズに対しては、積立型保険の仕組みを用いた年金払積立傷害保険があります。

ページトップ